浮気調査

もしかして浮気?探偵に浮気調査を依頼した場合の調査内容と費用

交際相手や結婚相手の浮気の証拠を確実に掴みたいなら パートナーが浮気をしているかも…疑いはあっても、確固たる証拠を掴むのはなかなか難しいもの。個人で調査するのには限界があり、証拠がないまま問い詰めても、ごまかされたり、ガードを固くされたりして、うまく逃げられてしまう可能性が高いのでおすすめできません。動かぬ証拠を手に入れるには、浮気調査のプロに依頼するのが確実です。 浮気調査を探偵に依頼するメリットとは 浮気調査を探偵に依頼するメリットは、個人ではできない高いレベルの調査結果が得られることです。子育てや仕事で忙しい場合にも、調査を依頼したほうが効率よく証拠を集めることができます。 浮気が確定した場合、その事実を証明できる写真や動画があれば、離婚や慰謝料請求する場合に有利です。また、プロの探偵に相談することで、一人で思いつめていた精神的負担も軽減し、冷静に今後のことが検討できます。 個人では出来ないレベルの調査をしてもらえる 探偵に依頼される案件の半数以上は「浮気調査」です。浮気による離婚や慰謝料請求、または裁判になった時に、肉体関係があったと認められる証拠の提出が必要になります。個人による調査には限界があり、証拠をつかむ前に相手にバレてしまうと「プライバシーの侵害」などにより逆に訴えられてしまうケースがあるので、浮気調査のプロに依頼するのが安心です。 単身赴任や、夜勤やシフト制などでお互いの生活の時間が合わない場合など、浮気の証拠を掴むのが難しい場合もプロにお願いした方が良いでしょう。 浮気の証拠があれば離婚することも、あるいは離婚しないことも出来る 浮気の証拠があれば、離婚請求することも、阻止することもできます。養育費や慰謝料の話し合いも証拠があれば、有利に進めることができます。不貞行為を働いた本人からの離婚請求は、法律上認められないので、相手から離婚を切り出させないためにも浮気の証拠は有効です。 確かな証拠を掴まないまま問い詰めると相手が逆上し、さらに溝が深まってドロ沼化する場合も。証拠が揃っていれば、相手も正直に浮気を認めざるを得ません。その後離婚するにしても復縁するにしても、関係が悪化せずに話し合いを進めることができます。 相手の浮気に対して心強い味方が出来る パートナーの浮気で精神的苦痛となるのは、誰にも相談できないところ。友達や家族には相談できず、一人で悩み向き合うのは大きなストレスです。探偵に依頼し、話を聞いてもらうことで多少の心理的負担は軽減されます。 調査を依頼し、浮気の事実が確定した場合も、精神的ショックは大きく辛いものになりますが、こうした悩みに対してカウンセリングを行っている探偵事務所もあります。浮気発覚後、法律的にどのように動くのが有利なのか、弁護士の仲介を行うアフターサービスもあるので、探偵事務所を選ぶ参考にすると良いでしょう。 探偵による浮気調査の内容とは 探偵による浮気調査はいろいろな内容があります。不貞を行っていると思われる本人をバレないよう尾行し、浮気現場の写真や動画を撮影したり、浮気相手を特定し、素性調査も依頼できます。詳しい報告書が作成され、その後の離婚の話し合いや、裁判で立証できる証拠となります。 浮気の証拠取得や浮気相手の素性調査などを行う 浮気相手への慰謝料請求を考えているのであれば、浮気相手の素性調査も重要。既婚か未婚、勤務先や役職によって請求できる慰謝料の金額が変わってくるからです。浮気発覚後、夫が家を出て行ったり、浮気相手が引越しした場合も勤務先がわかっていれば逃げることはできないので安心です。 対象への尾行と張り込みで証拠をおさえる 尾行と張り込みを徹底的に行い、浮気の具体的な証拠を収集します。対象となる本人にバレずに証拠を掴むために、独自の機材、専用車両などを使い証拠を押さえます。調査する時間帯は決まっておらず、24時間いつでも必要な時に稼働します。それらの調査結果をまとめ、提出された報告書は、裁判などで浮気を立証できる証拠となります。 浮気調査として探偵に支払う費用の相場 浮気調査に対する報酬は、調査完了までの期間が短いほど安価ですみます。なかなか証拠が掴めない場合は、かなりの高額になることも。料金体制や支払い方法についてもチェックしておくのがポイントです。調査内容や料金が適正であるかどうかよく検討しましょう。 1名1時間あたりの報酬が一般的 報酬は1名1時間当たり1万5千円程度が相場です。複数で調査をする場合には、その人数分の報酬を支払います。浮気調査は複数名で行うことが多いので、依頼する場合は事前に確認しましょう。短期間の依頼であれば、その分料金は安く済みますが、証拠を逃したり、写真や動画も不十分だったりする場合があるので注意が必要です。 料金プランは調査内容によって選ぶ 一般的に調査報酬は着手金を初めに支払い、結果が出なければ成功報酬は0円という「成功報酬制」や、指定の日数や時間で調査する「時間制」、一定額以上の支払いが生じない「パック制」などがあります。どれくらいの調査を希望するかで、選ぶプランが変わってきます。 調査にかかる交通費、宿泊費などが別途上乗せされる場合もあるので、事前の確認は怠らないようにします。勝手に調査員を追加したり、調査時間を水増する悪徳業者もいるので、実績やネームバリューなど信頼のおける探偵事務所を選びましょう。 支払い方法は最初に確認しておく 調査報酬の支払い方法も、事前にチェックしておく必要があります。分割、クレジット可、現金のみ支払可、など探偵事務所によって支払方法はさまざまです。多くの探偵事務所は、着手金を事前に支払い、調査が完了した時点で残金を支払う、報酬を2回に分けて支払うシステムを採用しています。少数ですが、完全後払い制、完全前払い制の探偵事務所もあります。 事前に自己調査すると費用を安く抑えることが可能 調査費用を抑えるなら、事前にいつ浮気しているのか当たりを付けておくのがポイント。対象者の行動範囲、浮気をしている疑いのある時間帯、曜日などが絞られれば、調査にかかる時間が少なくて済みます。次に会う日が確実にわかっていれば、調査が1日で完了する場合も。タクシーや電車など、移動手段もわかっていると途中で見失わずにスムーズに証拠を集めることができます。 探偵に依頼する場合の注意点 探偵事務所は個人事務所から、有名な大手事務所などさまざまです。パートナーの浮気調査を依頼する決意をしたら、見積もり合わせをしたり、無料の事前相談を利用するなどして、どの探偵事務所を選ぶのか比較検討し、慎重に選びましょう。 浮気調査には大抵1週間から1ヶ月ほどを見積もる 調査が完了するまでの期間は、平均では1週間から1ヶ月ほどです。1社だけではなく複数社から、1日~1ヶ月の調査費の見積もりを取りましょう。見積もりで安い金額を提示し、あとで金額を上乗せしてきたり、証拠内容が不十分な探偵事務所もあるので要注意。尾行に使うタクシーや、飲食店に入った場合の料金などは追加で実費で支払う場合があるので、見積もりの金額以外にかかる料金も確認しておくと安心です。 信頼出来る探偵会社かどうかしっかり見極める 無料カウンセリングを行っている探偵事務所もあります。実際に事務所を訪れて、担当者の雰囲気や接客対応などをチェックできるので、事前に利用すると安心です。あまりに安すぎる料金設定や、「100%調査成功」などの誇大広告に騙されないよう、信頼できる探偵事務所をしっかりと見極めましょう。 探偵に依頼することで低リスクで浮気の証拠を手に入れる パートナーの浮気が発覚したら、迅速に証拠を得ることが重要です。証拠能力の高い浮気現場の写真や動画などが手に入れば、その後の主導権が握りやすくなります。プロの探偵に依頼すれば、相手にバレるリスクを負うことなく、確実な証拠を手に入れることができます。浮気を疑って一人悩んでいるなら、浮気調査に強い信頼の置ける探偵事務所に相談してみましょう。

浮気調査

浮気調査にかかる費用の相場|依頼前に料金の仕組みを把握しよう

浮気調査を依頼して証拠を押さえることで、離婚調停を有利に進めることができます。また、浮気をされたことについては精神的なダメージは大きいですが、これから新たな人生を歩むという点においては、気持ちに区切りをつけるきっかけとなることでしょう。 現在、探偵事務所を中心とした浮気調査を依頼できる調査会社が多く登場しており、浮気調査にかかる費用もさまざまです。この記事で、実際に浮気調査を依頼する前に浮気調査にかかる費用の相場を知り、後悔のない業者選びの参考にしましょう。 浮気調査の費用形態はどのようなものがあるか 浮気調査の費用形態は、実際の調査にかかった費用を支払う方法や着手金を支払った上で調査してもらい、結果が出た場合に費用を支払う方法などが挙げられます。以下では、浮気調査の費用形態を順に解説していきます。 実費計算方法(時間料金) 実費計算方法は、実際に調査にかかった時間と費用を請求する時間料金制で、交通費がかかった場合は加算されて請求されます。この費用形態は、アルバイトの時給制のようなシステムであるので、依頼者側としてはわかりやすい費用形態です。 しかし、実際に調査してみたら想像以上に時間も経費もかかってしまったというケースもあるので注意が必要です。なお、この費用形態ではどのくらい時間を要するかわからないため、調査の途中経過を報告してもらう、依頼時に伝えるようにしましょう。 成功報酬型 成功報酬型は依頼時に調査費用として着手金を支払い、調査が終了したら成功報酬として結果に伴う金額を支払う方法です。そのため、調査で結果が出ない場合は成功報酬を支払う必要がありません。 しかし、依頼側と調査会社側で結果に対する認識が違うと、後々トラブルに発展する可能性もあり、他の費用形態と比べると料金に関するトラブルが発生しやすいのが現状です。調査を依頼する範囲を依頼時に明確にしておきましょう。 一律料金型(パック料金) 一律料金型は事前に料金が決まっているので安心のシステム。さまざまな内容が詰まったパック料金制となっています。しかし、調査する範囲が一律料金でどこまでカバーされているのか不明であるため、オプション料金の有無を事前に確認しておきましょう。 また、一時間あたりの費用が割高になる実費計算方法や成功報酬型に比べると、割引率が高くなる傾向にありますが、調査会社によっては見積もりで提示した料金以外の追加料金が発生しない場合もあります。 この一律料金型は、他の費用形態に比べて一時間あたりの費用が割高になちがちですが、独自のネットワークを持つ調査会社では、そのネットワークを活かすことで無駄な経費を削減できるため、依頼者側としてはお得になる場合もあります。 このような独自のネットワークを持つ調査会社は大手が多いですが、公式ホームページでこれまでの実績などを確認すると良いでしょう。 たとえば1週間で調査が終わった場合の相場はいくら 浮気調査を初めて依頼する場合、実際にどのくらいの期間を要するのかイメージしにくいかもしれません。ここでは、調査に1週間という期間を要した場合にかかる費用の相場を順に解説していきます。 実費計算方法(時間料金)は700,000円~ 実費計算方法では、1週間で調査が終わった場合の費用は約700,000円かかると言われています。その内訳ですが、1時間平均6,000円として1日7時間調査したとして1日に42,000円かかります。 1週間調査すると42,000円×7日間で294,000円となり、調査員が2名の場合は2倍の588,000円かかることになります。さらに、交通費などの諸経費を加えると約700,000円となり、夜間や宿泊を伴う調査はさらに費用がかかることになります。 ただし、1時間の料金がもう少し低い金額で設定している場合もあり、調査員が3~4名と多い場合もあるので事前に確認することが重要です。 成功報酬型は400,000円~ 成功報酬型では、1週間で調査が終わった場合の費用は約400,000円かかると言われています。その内訳ですが、まず着手金として100,000円支払うとします。その後一定期間のうちに調査で証拠を見つけると、一つの証拠に対して300,000円の成功報酬を支払うことになります。ただし、着手金や成功報酬の金額や調査にかける期間は調査会社によって異なります。 また、証拠を複数見つけた場合は更に金額が上がり、証拠が多いほど金額が上がることになります。さらに、成功報酬を支払うことになる証拠については事前に明確な基準を決めておかないと、後々トラブルに発展する可能性があるので注意が必要です。 一律料金型(パック料金)は100,000円から700,000円以上 一律料金型では、1週間で調査が終わった場合の費用は約100,000~700,000円以上。他の費用形態に比べると金額の幅が広いことが特徴です。このように料金に幅が広い理由は、対象となるパックに含まれている時間が調査会社によって異なることが挙げられます。 また、GPSでの調査がパック料金に含まれていても調査会社の人員不足によって車にGPSを設置しているだけで、実際に調査員が動いていない場合もあります。このような場合は、調査員を追加するにあたって追加料金も発生することから、結果的に700,000円以上になるケースも考えられます。 調査料金の違いはここ それぞれの費用形態における相場では、実費計算方法が最も料金が高くなりやすいことがわかりました。それでは、調査料金はどのようなことで違いが出るのでしょうか。 どこまで調査してもらいたいか 調査料金の違いの一つとして、調査内容の範囲による違いが挙げられます。たとえば、慰謝料請求をする場合、浮気現場を押さえて写真や動画で証拠に残すというところまで調査してもらう必要があります。 なお、浮気現場を押さえた写真や動画については、フィルム代や現像代、DVD作成代などの費用が別途必要な場合もあります。しかし、ここまでの証拠が必要になると、夜間料金や宿泊が伴う調査になる場合が多く、相場よりも更に料金が上がってしまうことになります。 特に連休中に浮気調査を依頼する場合は、宿泊にかかる費用が高額になりやすく、安価な宿泊施設が見つからない場合は、宿泊にかかる費用が更に上がることになります。 どこまで自分で証拠を押さえているか 調査料金の違いの一つとして、調査内容の範囲以外にも、自分で押さえることができる証拠の状況による違いが挙げられます。 たとえば、浮気しているかどうかもわからない状態で浮気相手の情報も何もない場合、1から調査を行う必要があります。そのため、調査に時間がかかる分、料金もかかってしまうことになります。この部分に関する費用を抑えるためには、以下のような点について細かくメモを取るなどしておくと良いでしょう。 浮気の証拠メール 行動パターン 浮気相手に関する情報 浮気に使われたと思われるレシートの保管 この他にも、夫の怪しい行動について日記につけるという方法もあり、浮気の証拠となる別の材料を照らし合わせることで、より信憑性が高くなります。 複数の調査会社に見積もりを依頼する 調査料金の違いの一つとして、調査内容の範囲や自分で押さえることができる証拠の状況以外にも、調査会社の料金設定による違いが挙げられます。そのため、浮気調査を依頼する場合は、複数の調査会社に見積もりを依頼して、提示された金額を比較するようにしましょう。 また、調査会社によって料金に違いがあるだけでなく、スタッフの対応方法や提示された見積もり額に対する明確な説明などについても調査会社を選ぶ際には重要視すると良いでしょう。 近年では、日本の離婚率も高い傾向にあり、離婚調停や離婚裁判に発展するケースもあります。それに伴い、浮気に関する調査会社も増えており、インターネット上では浮気調査の一括見積もりサイトが登場しています。 このような一括見積もりサイトを活用すれば料金を比較しやすく、実際に調査会社に出向いて見積もりを依頼しなくて良いため、調査会社を探す時間を削減できます。 支払方法は? 浮気調査に関する費用形態は主に3種類から成っており、調査内容の範囲などで料金が異なります。それでは、浮気調査に関する料金はどのように支払うのでしょうか。 ほとんどの場合が前払い制度 浮気調査に関する料金の支払いは、ほとんどの場合は前払い制度となっています。その理由は、成功報酬型のように着手金という形で前払い制度を取り入れている調査会社が多いことが挙げられます。 また、調査会社によっては、依頼人に支払い能力があるかどうかを確認することを目的として、料金の全額ではなく一部という形でも前払い制度を取り入れている場合がほとんどです。 クレジットカードでの支払い 浮気調査に関する料金の支払いは、調査会社によってさまざまです。依頼者側としては、調査料金が高額であることを考慮すると、分割やポイント付与などができるクレジットカードを使用したいところです。 しかし、クレジットカードが使えるところと使えないところがあるので事前の確認が必要です。なお、クレジットカードが使える場合でも、対応しているクレジット会社が限定されていることも多いため、こちらも事前の確認が必要です。 また、クレジットカードで支払いする場合は、買い物履歴がすぐにネットで確認できる場合もあるため、浮気調査していることを調査対象の夫に知られては警戒されてしまいます。そのため、クレジットカードでの支払いは、慎重に検討するようにしましょう。…

浮気調査

浮気調査のやり方|素人がやる場合の注意点や興信所の利用方法

旦那や彼氏が浮気していないか心配、調査するにはどうしたらいい? 愛している人の行動になにか不審な点を感じたとき、浮気をしていないか不安になってしまいます。その場合には愛しているからこそ、しっかり浮気かどうかを調査しなければなりません。もし相手が浮気していなかったのなら、そこで感じた不安をすべて愛情に変えればよいのです。すべての愛情を相手にそそぐためにも、まずは相手のことをしっかり調べなければなりません。浮気の調査方法とはどのようなものか、しっかり知りましょう。 浮気調査には様々な方法が 相手が浮気をしているかどうかを調査するには、大きく2つの方法があります。1つ目は調査のプロである興信所に依頼すること。2つ目が、自分の力で相手の行動を調べることです。どちらにもメリットとデメリットがあります。まずは興信所に依頼するメリットとデメリットをみていきましょう。 興信所に依頼する 興信所とは、企業や個人の所在や行動について有料で調べてくれる民間の機関です。ドラマや小説などでは「探偵事務所」といわれます。自分で調査をしようとしても、仕事や家事ですべての時間を調査に充てることはできません。しかし、興信所を利用することで相手の行動を細かく観察、把握できるようになります。 興信所は浮気調査のノウハウやテクニックを持っています。そのため尾行などをしても相手に気づかれにくいなど調査をスムーズに行えるというメリットがあります。また、長時間の調査にも専門の調査員がつくことから決定的な証拠を手に入れやすくなるのもメリットです。しかし、デメリットとして利用するには費用が掛かります。長期間の調査になるとかなりの金額がかかってしまうので、注意が必要です。 自分の力で調べる 興信所に頼らなければ、自分の力で調査するしかありません。例えば、相手がお風呂に入っているときに携帯電話の通話履歴やSNSのやりとりをみる。お財布の中身を確認したり、クレジットカードの履歴を確認してお金の使い道に怪しいところはないかを確認するなどの方法があります。専門的な機材が必要になりますが、自分で盗聴器や録音機材を仕掛けて相手の通話などを確認する方法もあります。 この自分で調査をするメリットは、身近な物から調査ができることとお金が比較的かからないことにあります。とくに相手が一緒に住んでいる場合には、相手の持ち物が近くにあるのですぐに調査ができます。また、他人に協力を求めないことから、無駄な出費もありません。 しかし、デメリットが2つあります。1つはちゃんとした調査ができているのかが分からないこと。そして、2つ目がいつの間にか法を犯してしまうことがあるということです。とくに2つ目は重要です。相手のことを追いかけるあまり、住居侵入罪を犯してしまうことがあります。また、コンセント内部など資格が必要な場所に盗聴器を仕掛けてしまうと器物破損罪や有線電気通信法違反にする可能性もあります。素人判断で行った行為が、自分の首を絞めてしまうかもしれませんので注意が必要です。 素人でもできる浮気調査のやり方 一番身近で秘密がたくさん隠されているのが、携帯電話やパソコンです。もし浮気をしていたら、携帯電話やパソコンに証拠が残されているはずです。身近にある携帯電話やパソコンなら、あなたに少し知識があれば調査ができてしまいます。その調査方法をここではお教えします。  アプリで浮気調査をする方法 スマートフォンのアプリにはさまざまな記録が残されています。通話の記録、誰かとのやりとりしたメッセージ、そしてどこで写真を撮影し、どこへ移動したのかまでデータとして保存されています。そのデータを確認することで、相手が浮気をしているかどうか判断をします。 追跡アプリを利用する まず使用したいのが「Prey Anti Theft」というアプリです。この「Prey Anti Theft」はもともと盗難防止のために作成されたアプリです。無料版と有料版がありますが、機能の差は遠隔データの取得や消去です。無料版でも十分に浮気調査ができますが、心配だという人は有料版を使用しましょう。 この「Prey Anti Theft」で浮気調査に活用したい機能は2つです。1つ目はGPS機能を使ってスマホの現在位置を表示すること。2つ目はカメラ機能を操作することで、その場の写真撮影と現在位置を記録したレポートを作成できる機能です。 1つ目のGPSを利用したトラッキング機能を使えば、相手が現在どこにいるか確認することができます。出かける前に伝えられた場所と違うところにいるなど、予定外のところにいれば相手にはなにか隠しておきたい秘密があるのかもしれません。もし、それがホテル街などであれば、なおさらです。 2つ目の機能は、インカメラとアウトカメラで指定した時間の間隔で撮影がおこなえます。インカメラとアウトカメラでの撮影なので、周りの人や風景を確認することができます。更に撮影された緯度や経度、どんなwi-fi電波があったのかまで記録されます。緯度と経度が分かれば、Google Mapなどに入力することで詳しい場所を判明させることができます。このような記録があれば、浮気が確定した場合でもしっかりと証拠を突き付けることができます。 もし、「Prey Anti Theft」が相手の携帯電話にインストールされていない場合は、まずは相手にインストールしてもらう必要があります。携帯電話の紛失が心配だからなどといって相手にインストールしてもらいましょう。携帯電話は高額であるとか、過去に無くした経験があるではないかなど言葉を添えることで、相手にインストールする理由を思いつかせるようにします。 注意しておきたい点として、この「Prey Anti Theft」の活用にはパソコンが必要です。アプリが入った携帯電話の位置などを確認するためにはパソコンから確認する必要があります。アプリを入れただけで満足せずに、パソコンからも相手の携帯電話の位置が分かるかをしっかり確認しましょう。 LINEの設定を確認する LINEはいまや多くの人が使うコミュニケーションツール。普段の連絡はもちろんですが、秘密にしておきたい連絡もLINEで行っている人が多くいます。たいていはLINEがくると、ロック画面になっていてもポップアップでメッセージが通知されます。それによって誰からLINEがきたのか、どんなメッセージなのかを簡単に確認することができます。 しかし、その便利なポップアップの通知設定がオフになっているということは、通知されたものを周りに見せたくない気持ちがあるのかもしれません。基本この通知設定は触らなければ、offにはなっていません。通知が全く携帯画面にあらわれないというのであれば、浮気の可能性に目を向けてもよいかもしれません。 フェイスブックを確認する フェイスブックも多くの人がアカウントを持っている世界的なSNSです。実名登録ということもあり、以前に付き合っていた人などともつながっている可能性があります。そして、フェイスブックには、投稿を特定の人には表示させない機能があります。 楽しい思い出は誰かと共有したり、自慢したいものです。しかし、見られたくない人がいる場合には、投稿を特定の人に表示させないことが可能です。もしかすると、見られたくないのがあなたかもしれません。 そこで名前を変えて新しくアカウントを作り、相手とフレンドになるようにしましょう。フレンドになれば相手がつながっている人や交友関係が見えてきます。そして、仲がよい人達との集まりに関する投稿などを見ていると、同じ料理や風景の写真が出てきたり、同じ場所に旅行していたりする投稿をしている人が見つかるかもしれません。そうなってくると浮気の可能性が否定できなくなります。 もちろん、すぐに相手に確認をするのではなく、確実な証拠をフェイスブックから集めていくのです。現実の相手の行動とフェイスブックでの投稿を照らし合わせていく地道な作業を繰り返すことg必要です。その繰り返しと証拠集めによって、浮気が白か黒かを調査することができます。 ガラケーで浮気調査をする方法 スマートフォンならばアプリなどを使って浮気調査ができますが、ガラケーだとそうはいきません。しかし、ガラケーからでも浮気の痕跡を見つけることは可能です。 メールの予測変換を確認する 予測変換機能は過去に使用した字を優先的に表示します。その機能を上手く使うことで、浮気調査ができます。例えば、「あ」と入力したときに「愛している」や「だ」と入力したときに「大好き」などが出てくるかもしれません。 時間を見つけて五十音順に一文字ずつ、予測変換される言葉を確認してみましょう。そこで怪しい単語が多く表示され、それが自分には送られないような愛情表現の言葉ならば浮気の気配は濃厚です。 メールや電話帳の履歴を調べる 古典的ですが、メールや電話帳の履歴を確認するのも浮気調査の手段の一つです。聞き覚えの無い名前の相手と何度も電話で連絡を取っていた場合、名前や通話回数、通話の時間などをメモしておくようにしましょう。 また、LINEに着目する人は多いですが、盲点なのは携帯電話のメールです。LINEが普及しても、メールでやり取りをする人は多いのです。メールの頻度や中身を確認することで、相手が浮気をしているかどうかわかるときがあります。 その他の方法 携帯電話を相手が肌身離さず持っている場合、携帯電話を使った浮気調査は困難です。しかし、携帯電話以外でも浮気調査を行うことは可能です。 クレジットカードの利用明細で調べる 最近はクレジットカードを使用することは、普通のことになりました。そのため浮気のときに使ったプレゼント代、食事代、そしてホテル代などもクレジットカードを利用しているかもしれません。あなたのために使ったのではない、利用目的のわからないレジャー施設やレストランでの使用が利用明細にないか確認をしてみましょう。身に覚えのないホテル名やよくわからない会社名が書いてある場合は要注意です。 PCやタブレットの履歴で調べる 携帯電話が調べられなかったとしても、PCやタブレットの確認を怠ってはいけません。チェックすべきポイントは「閲覧履歴」です。閲覧履歴を見れば、過去にどのようなサイトを見ていたのかが分かります。…