浮気調査を自分で行うには?調査方法と知っておくべきリスク

自分でも出来る浮気調査を知りたい

浮気調査というとイメージするのは「探偵に依頼」「弁護士に依頼」というのが思いつきますが、実はやろうと思えば自分でも出来ます。自分でする浮気調査には、それなりにリスクを伴います。そのリスクを知ることと、今回は自分で出来る浮気調査はどんなことをすれば良いのかということを詳しく解説していきます。

浮気調査を自分で行うときの注意点

まずは、浮気調査を自分でするときの注意点について解説していきます。これから自分でするときの参考にするためにしっかり知り得ておきましょう。

さまざまなリスクがある

自分で出来る浮気調査では、パートナーの財布や携帯などをチェックするという方法があります。しかし実際に財布の中身を盗み見たり、携帯チェックをしてしまうと、それがパートナーにバレてしまったときに信頼関係が崩れてしまう可能性が高いです。

やましいことがあったのなら問い詰めるということもできるでしょうが、もし特にやましいことがなかった場合には、今後の二人の関係は壊れてしまうといっても過言ではなく、そのことを覚悟しておく必要があります。

財布や特に携帯は、プライバシーが詰まっているものです。盗み見ているということが知られてしまえば、互いに疑心暗鬼になってしまうでしょう。

証拠を見つけてもすぐには問い詰めない

仮に浮気の証拠を見つけたとしても、関係を修復していきたいと考えているならすぐの問い詰めは良くありません。浮気相手が、別れさせようと画策して証拠をわざと残している可能性があり、パートナーへの責めすぎは関係悪化となる可能性が高いでしょう。

また、浮気の証拠の手に入れ方によっては、自分自身の立場が悪くなることもあります。それは不正アクセス禁止法という法律です。違法な方法での証拠集めは罪に問われる可能性があるため、気を付けなくてはいけません。もし裁判となれば、違法な方法で集めた証拠は無効となってしまいます。

例えばですが、以下のような証拠は無効となる場合があります。

  • 写真や加工可能な音声の改ざん疑いがあるもの
  • 異性と出かけたという事実
  • 盗聴・浮気相手の家に隠しカメラ、SDカードの窃盗など
  • 風俗のレシートや名刺

特に違法な集め方となる盗聴や隠しカメラなどで仮に浮気の証拠を見つけても、違法なので証拠としての効力はありません。

自分でできる浮気調査の方法

それでは、自分でできる浮気調査の方法について紹介していきます。これらの方法を使い、浮気調査に乗り出しましょう。

財布をチェックする

財布をチェックすることがまず手っ取り早い浮気調査です。携帯と違い、ロックをかけることができない財布ですから、何かしら残している可能性は高いです。例えば以下のようなものがある場合もあります。

  • ホテルを利用したときのレシート
  • プレゼントを購入したときのレシート
  • カップルで行くようなスポットのレシート
  • ラブホテル、シティホテルのポイントカード
  • 使用しているところを見たことのないクレジットカード
  • コンドーム

特に自分と行ったことのない場所などのレシートは要チェックです。日付や時間、買った物、レストランなどのレシートなら人数も書かれていることがあるので「2名」表記なら疑っても良いでしょう。

ラブホテルなどのポイントカードやコンドームがあれば浮気している可能性は極めて高いです。しかもホテルが自分と一緒に行ったことのないところなら尚更です。シティホテルは、ラブホテルと違って仕事上の理由も考えられるので、すぐに浮気認定するには早いと思われます。

クレジットカードの利用明細をチェックする

最近ではウェブでチェックすることもできますが、自宅にクレジットカードの利用明細が送られてくるところもあります。一緒に住んでいたり、度々パートナーの家に来る機会があれば、利用明細のチェックをすることもできます。

利用明細には利用した店、日付、金額が記載されています。自分とは行っていない場所の利用明細があるかチェックしてみましょう。

また、ウェブ上の利用明細の場合、カード会社名で検索していたりアプリを使ってチェックしている可能性があります。検索履歴やアプリがあるかどうかもチェックしてみてください。

GPSを使う

ここまで来るとやりすぎな場合もありますが、浮気調査の中にはGPSを使った方法があります。詳しく説明していきます。

リアルタイムで位置情報を知れるGPS

GPSを使った浮気調査では、位置情報を知ることができるので、パートナーが今どこにいるのかを調べることができます。パートナーがどんなルートでどこに立ち寄ったのかも知ることができるので、浮気相手と会っていれば密会場所に行くこともできます。

但し、GPSだけでの証拠は浮気の証拠になりません。あくまでデータ集めと助けとなるだけです。また、GPSを付けることによるリスクもあります。そのリスクやデメリットは以下の通りです。

GPS設置に伴うリスクやデメリット
家族以外にGPS設置すると違法行為とみなされる
違法行為による浮気の証拠は裁判では認められない
頻繁に位置情報検索をするとGPS本体の充電が消費する
電波の弱い場所が届きにくい場所ではGPSが作動しにくい

GPSは家族以外では違法行為となります。赤の他人へのGPS設置行為は止めましょう。また、目立つ場所・回収が難しい場所への設置にも注意しましょう。

入手しやすいGPSロガー

GPSロガーとは、多くの探偵も利用している移動履歴が見れるGPSです。車などに設置しておくことで、その後にGPSロガーを回収してPCに繋げるとパートナーが移動した履歴をチェックすることができます。

浮気調査としてだけじゃなくても、登山する人やツーリングなど、アウトドアで道に迷ったり遭難防止のためにも利用されています。ネット通販で購入できますし、簡単に利用できるので浮気調査として利用されています。ちなみにパートナーにバレにくい浮気調査方法です。

しかし、そんなGPSロガーにもリスクやデメリットがあります。詳しくは以下の通りです。

GPSロガー設置に伴うリスクやデメリット
電池容量が少ないので一週間ももたない場合が多い
確認のためにその都度回収しないといけない
リアルタイムGPSと同じく、家族以外に行うと違法行為となる

取りつけることは容易でも、証拠となるものを確認するためには逐一回収しないといけません。さらには、車検や修理などで車の点検の際に見つかってしまう恐れもありますので、注意しましょう。

自分で尾行してみる

至ってシンプルながらも、最も難しとも言えるのが尾行による浮気調査です。尾行相手に尾行していることを気づかれず、かつ見失わないようにしないといけないからです。

上手く尾行するためには以下のテクニックを参考にしてみましょう。

服装 周囲に溶け込むような服装かつ普段着ない服装をする。不審者と思われない程度のファッション。靴はヒールより歩きやすく音のしにくいスニーカー。
距離 尾行相手との距離は、100m~200m程の距離を保つ。
地図 車による尾行・徒歩尾行であっても現在地の地図は必要。

尾行はやろうと思えば誰でもできますが、上手にやらないとバレてしまう危険性があります。確実な証拠を手に入れたい場合は、素人でやるよりも探偵に依頼する方が得策です。

そして尾行の浮気調査でもリスクとデメリットがあります。詳しくは以下の通りです。

尾行に伴うリスクやデメリット
不審者と思われないために周囲に溶け込む必要がある
車・バイクによる尾行は思わぬ事故を起こす危険性がある

車などによる尾行は、尾行相手に気を取られすぎてしまうことがあるため、なるべくなら避けましょう。

ボイスレコーダーで音声を録音する

ボイスレコーダーは、家の中や車の中の会話を録音することができるので、準備して設置しておけば簡単に証拠を掴むことができる浮気調査方法です。

小型タイプが多いので隠しやすく、車の中なら録音もしっかりできるでしょう。ボイスレコーダーは家電量販店やインターネットでも購入できるので、機能面と価格面から見て何が良いか決めて購入してみてはいかがでしょうか。

そして、ボイスレコーダーにもリスクとデメリットがあります。詳しくは以下の通りです。

ボイスレコーダーに伴うリスクやデメリット
しっかり録音できる程の距離で使用しないといけない
GPSと同じく、家族以外では違法行為とみなされる

ボイスレコーダーは気軽に購入できますので、いざってときのために買っておくのが良いでしょう。

精液検出キットで下着を調べる

浮気相手と不貞行為に及んだ場合、下着には精液が微量ではありますが付着することがあります。それにより、付着した精液を検出キットを使って調べることが出来ます。

洗濯さえしていなければ、数日前の下着でも調べることは可能です。検出キットは、楽天などのネットショップで10,000円前後で購入できます。そして検出キットにもリスクとデメリットがあり、以下の通りです。

精液検出キットのリスクやデメリット
反応が出たとしても、浮気だとは言い切れない
言い逃れされる可能性はあります

購入して使うにしても確実な証拠とは言えないため、デメリットは大きいでしょう。

浮気調査は見つかった時のリスクを考えて慎重に

パートナーの浮気疑惑があって調べるにしても、疑って調べていたというのがバレてしまったときのリスクを考えると、浮気調査は自分でできたとしても探偵に依頼した方がお金はかかっても確実なものが得られる可能性はあります。とにもかくにも、浮気調査をするからには覚悟を持って、さらにはリスクを考えて慎重にやるべきことです。