iPhoneの機能で浮気調査はできる?その方法と注意点

iPhoneを探す機能を使って浮気を調査したい

相手が浮気をしているかもしれないと一度気になってしまうと、そのことばかりが気になって仕事や友人との人間関係でも支障が出てきてしまうこともあります。そんな女性たちの間で最近パートナーの浮気を確かめる方法としてiPhoneに元々入っているiPhoneを探す機能を利用するという方法になります。

探偵事務所に依頼するのはかなりの費用がかかりますし、まだそこまで確信を持てないけどどうしても確かめてみたいと考えている方は、この記事で浮気調査の方法で調べることも可能ですが、実は注意しなければいけないリスクも潜んでいるのです。

iPhoneを探す機能で浮気調査する前に知っておいてほしいこと

まず、この機能を利用する前にもっとも注意しておかなければいけないことから確認していきましょう。相手の位置情報などにアクセスすることになるのでリスクがかなり大きいということ、またこれによって居場所を掴んだとしてもその事が原因で口論になってしまうなど、一時的な衝動で行うことによって簡単に相手との関係が崩れてしまう可能性もあるということを認識したうえで浮気調査に取り組む必要があります。

違法行為に該当してしまう可能性がある

iCloudを使用しての浮気調査は違法行為に該当してしまう可能性があります。iPhoneを探す機能を使用する際には、データの転送などを利用しての個人情報を閲覧することにもつながりますのでプライバシーの侵害に該当する可能性があります。

二人の信頼関係に傷が付く可能性がある


万が一浮気調査をしている事がバレてしまった場合、またさらには実は浮気の事実が全くなかったという場合にはその行為によって相手の信頼がなくなってしまう可能性があります。まだあまり証拠がない段階や相手にすぐにばれてしまいそうな方法で浮気調査を行えば、それがきっかけで簡単に相手との関係性が壊れてしまう可能性もあります。

iPhoneを探す機能を使用して出来る事

iPhoneの位置情報チェック

iPhoneを探す機能は本来自分のiPhoneを失くしてしまったり、どこかに忘れてきてしまった場合にはその端末が現在どこにあるのか、位置情報を確認する事ができる機能です。彼のiPhoneの端末の情報が事前にわかっていれば、彼のiPhoneがいまどこにいるのかを追跡できます。リアルタイムで正確な場所を取得できる為、非常に便利ですので、もともと自分に伝えていた場所と違う場所に向かっていれば一目瞭然でわかります。

遠隔操作でiPhoneから音を再生

本来は紛失してしまったり忘れものとしてのiPhoneを探すための機能です。つまり、浮気調査の場合では一度端末の情報をつかむことができれば相手がマナーモードにしていても、一定の音量でiPhoneからアラーム音を再生する事ができるなど、ある程度自分のiPhone等から相手の端末の遠隔操作が可能になります。

遠隔操作でiPhoneをロック

紛失モードを利用すると遠隔操作でiPhoneを使えない状態にしてしまう事ができます。これも本来であれば紛失や盗難にあったiPhoneが第三者に悪用されたり個人情報を盗まれることがないように遠隔でロックできるというものです。

iPhoneを探す機能を使用した浮気調査の手順

実際にiPhoneを探す機能をどのように利用すれば浮気調査を行うことができるのかという具体的な方法やどこまで知ることができるのかということについてみていきましょう。まずはiCloudを利用できる端末を用意する必要があります。これは自分のiPhoneからでもiCloudと同期されていれば行うことができます。その端末を利用することによって交際相手のAppleIDとパスワードでログインします。

この情報がなければ相手のiPhoneをさがしだすことができませんので、情報を引き出しておく必要があります。その後必要に応じて各機能を利用していくことになります

iPhoneを探す機能で浮気調査する際の注意点

この機能には使う前に気を付けなければならないことや実際に浮気調査を行う際にも注意しておくべきことがいくつかあります。

iPhoneを探す機能がオフになっていると機能が使用できない

まず最も大切になってくるのが、相手の端末でiPhoneを探す機能がオフになっている場合、この方法で浮気調査する事が不可能であるということです。まず事前に彼がこの機能をオフにしたままであるのかどうかを確認しておく必要があります。また仮に相手の男性がすでにiPhoneを探す機能を使って浮気調査を行われることがあるという認識があれば浮気の相手と会う際にはこの機能をオフにしてしまっているという可能性も十分に考えられますので、この方法が使えるかどうかはかなり運に左右されてきます。

iPhoneを探す機能を使用すると相手に通知メールが届く

本来であればこのiPhoneを探す機能は自分が携帯を失くしてしまった、どこかに忘れてきてしまった、あるいは盗難にあってしまった場合に利用する機能ですので、このiPhoneを探す機能を利用すると登録メールアドレスに本人確認の通知が届く可能性が非常に高く、浮気調査が失敗に終わる可能性が非常に高いといえます。相手にメールが届いてしまえば、誰かに不正アクセスされているということが彼に伝わってしまいますので、すぐにパスワードが変えられてしまったりしてもう探すことができなくなる場合もありますし、最悪あなたがアクセスしていたことが彼にばれて信用を大きく失うことにもつながります。つまり、この方法で浮気調査を行うというのは非常にリスクの高い方法なのです。

iPhoneを探す機能を使用して浮気調査をするのは難易度が高い

 

iPhoneを探す機能を利用すれば彼が今どこにいるのかをGPSを利用した位置情報感覚で知ることが可能です。しかし、元々紛失・盗難された自分のiPhoneを探し出すための機能であるため、いくら彼のパスワード情報などを知っていたとしても彼に通知が行ってしまい、勝手に位置情報などを抜き取って浮気調査をしようとしていたことが露見してしまう可能性があります。

いまから実際にこの機能を利用しようと考えている方は、実際に使ったときに起こるだろうと考えられるリスクも含めてよく考慮してから行動に移したほうが賢明だといえます。