旦那の浮気をチェックする時のポイント|自分でできる調査方法

旦那の浮気が気になる

最近の旦那の行動に浮気を疑うような点があると、気になって仕方がなくなるものです。そのままでは、決定的な証拠がなくても旦那に不信感を抱くようになってしまいます。

ストレートに旦那に聞くことが一番良いのですが、確信がないと自信を持って追及できず、上手くはぐらかされてしまうケースが多いです。旦那に尋ねるなら自信を持って追及する覚悟が出来てからにしましょう。

浮気している男性は、今までとは違う行動をすることがあります。その特徴をいくつかまとめているので、当てはまることがないかチェックしてみてください。また、自分でできる浮気調査の方法もあります。出来そうなことがあれば試してみましょう。

浮気している男性の特徴

  • いつでもどこでもスマホを肌身離さず持ち歩く
  • 仕事が変わったわけではないのに勤務形態に不自然な変化がある
  • 急に優しくなったり口数が増えたりする
  • 身に覚えのない会話をされた

今までの旦那にはなかった行動をするようになったなら要注意です。浮気している男性は、上手く隠しているつもりでも、何気ない行動の中にボロが出ることがあります。具体的に、どのような行動をチェックしたらよいのかを見ていきましょう。

いつでもどこでもスマホを肌身離さず持ち歩く

今まではそんなことはなかったのに、トイレに行く時、お風呂に行く時、スマホを肌身離さず持ち歩くようになった場合は、浮気をしている可能性があります。頻繁にスマホの画面を気にする行動も疑いを持つポイントです。

スマホの画面をのぞくと嫌がる、電話がかかってきてもすぐに出ない、ロックをかけるようになったりするのも浮気の兆候と言えます。浮気相手との連絡はスマホが中心になるので、スマホを異様に気にする行動が見られたら、他に怪しいことがないか旦那を注意深く観察しましょう。

仕事が変わったわけではないのに勤務形態に不自然な変化がある

急に帰りの時間が遅い日が増えたり、休日出勤が増えたりしている場合は要注意です。仕事と言って浮気相手と会っている可能性があります。

仕事が変わったわけではないなら、急に勤務形態が変わることはほとんどありません。例えば残業や休日出勤が増えた場合は、残業代などで給料に反映されているはずです。給料に反映されていないなら、それを証拠に旦那に追求することができます。

飲み会を理由に帰りの時間が遅い日が増える男性もいますが、今まで少なかった飲み会が急に増えるのも不自然です。これらの行動が浮気を疑うきっかけになることは間違いありません。

急に優しくなったり口数が増えたりする

浮気をしていると、それがばれないように行動するようになるので、急に優しくなったり口数が増えたりすることがあります。無口な旦那が突然よく話すようになった場合、浮気のサインかもしれません。

浮気をしている男性は、罪悪感から必要もなく妻に対して喜ばそうとするケースが多いです。単純に考えたら旦那に優しくしてもらうと嬉しいのですが、今までの行動パターンではないと違和感があります。

そのような行動は、妻からすると浮気を見抜くきっかけになります。記念日などでもないのに優しくされたりプレゼントをくれたりしたら、何か裏があると疑ったほうがよいでしょう。

身に覚えのない会話をされた

浮気相手との話の内容をうっかり話してしまって気付いていないこともあります。これははっきり言って旦那のミスです。

但し、自分と出会う前に別れた元カノの話の可能性もあるので「黒」とは断言できません。身に覚えのない話をされたら、さり気なく「いつの話だった?」と時期を聞いてみるとよいでしょう。

もしかしたら、自分が忘れているだけの可能性もあります。話をよく聞いてみてもやはり身に覚えがなければ、その時に旦那に「私は知らない」とはっきり伝えたほうがよいです。その後の旦那の反応次第で、「黒」かどうか判断できます。

自分でできる浮気調査

浮気の疑いが強くなってきたら、浮気調査を本格的に行うか判断します。プロに依頼するのが確実ですが、その前に自分でできる浮気調査の方法も試してみましょう。

残業が多い時は直接会社に問い合わせる

あまりにも残業が多い時は「最近働き過ぎで心配だ」という名目で直接問い合わせることも可能です。問い合わせて残業の実態がなかったなら、それだけで見抜けることもあります。

但し、夫婦関係を継続したいと願うなら、なるべく避けたい手法です。会社に確認したことで職場で噂になった場合、旦那にとっては耐え難い状態になります。妻に対して怒りの感情が起こり、一気に離婚の流れに進むかもしれません。

離婚でも良いと考えていたとしても、旦那が会社に居づらくなり仕事を辞めてしまったり、悪い噂が原因で出世できなくなったりしたら、慰謝料や養育費などの請求に影響します。

財布の中のレシートをチェック

浮気の証拠集めとして財布の中のレシートをチェックすることも有効的です。知らないレストランや女性への贈り物のレシート、ラブホテルのレシートがないかを確認してみましょう。怪しいレシートが見つかった場合は写真に撮ってから財布の中に戻します。

旦那が家計を管理している人は、お札の番号をチェックし、一週間にどのくらい出費しているかを確認する方法もおすすめです。

クレジットカードの利用明細からも浮気の証拠集めが出来ます。毎月の明細の詳細を確認し、自分や旦那が持っていないブランド品を買っているなどの証拠が出たら浮気の疑いが強いです。こちらもレシート同様、証拠として残しておきましょう。

自宅や車にICレコーダーを隠す

スマホを手放さない旦那に対して有効的な手段です。自宅や車にICレコーダーを隠すことで、部屋から出て話している内容をチェックできたり、車にだれを乗せているのかわかったりします。

但し、この方法は自宅や自分の所有物のみに使える方法です。他人の家などにICレコーダーを仕掛けるのは違法に違反する行為になるので注意しましょう。

自宅でもICレコーダーで盗聴していることがバレたら罪に問われないか心配になりますが、日本の法律では自宅や夫婦の所有物に自分が仕掛けるのであれば罪に問われません。誰かに依頼して第三者が自宅に仕掛けるのは罪に問われる可能性があります。

浮気を調査する事ができるアプリと注意点

浮気を調査できるアプリを活用することで、より証拠をつかみやすくなります。但し、利用には注意点があるので、内容や詳細を理解してから利用を検討しましょう。

簡単に自力で浮気を調査できる浮気調査アプリがある

浮気調査アプリとは、他の端末を利用して旦那の端末を監視することができるものです。上手く活用することで、相手との連絡のやり取りを入手できるなど、確実な証拠をつかめることがあります。但し、予め監視する端末にアプリをダウンロードする必要がるので、旦那の許可を得る必要があることが難点です。

アプリは多数あり、それぞれできる内容が異なります。例えば、現在位置情報の確認、スクリーンショットの撮影、Wi-Fi検索、遠隔操作など、どれも多機能です。

浮気調査アプリは違法の対象になる可能性がある

機能性を利用して浮気調査ができる有効的な手段ですが、その前に旦那の端末にアプリをダウンロードさせなくてはなりません。利用目的を伝えずにアプリをダウンロードさせたり、勝手にアプリをダウンロードする行為は違法の対象になるので気をつけましょう。

万が一逮捕された場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられることもあります。その点から考えると、自力で浮気調査をするのはやはり難しいです。本当に浮気が心配な時は調査会社に依頼したほうがよいでしょう。

自分で浮気調査をするよりもプロに任せるのが安心

財布の中のレシートをチェックするなど、簡易的に自分で浮気調査をする程度であれば試してみる価値はあります。しかしやりすぎた行為は禁物です。証拠集めに夢中になりすぎると、自分自身が違法行為に手を染めてしまい、逆に訴えられてしまう可能性もあります。

本格的に浮気調査をしたいなら、プロに任せるのが安心です。プロに依頼すると費用がかかるので、まずは相談してみて、費用や調査内容に納得してから依頼しましょう。