妻の浮気を疑う7つの兆候とは|言動や外見の変化がある時は要注意

妻の怪しい行動から浮気を見抜く方法

妻が浮気しているかもしれないという不安を持ちながらも、浮気をしているのかを調べるためにどうしたらよいのか分からないという方は、妻の行動や外見などをチェックすると、妻が本当に浮気をしているかが分かるかもしれません。今回は、妻が浮気している可能性が高い兆候のチェックポイントを7つ、そして浮気をしているのが判明した時の対処法を紹介していきます。

妻の浮気を見抜くための7つの怪しい兆候

①今まで家にいた時間に外出が増えた

まず、今までは家に居たはずの時間に外出している時は要注意です。パートやフルタイムでしている仕事で、今まではなかったのに残業が増えた、今までは仕事が入っていなかった曜日に仕事が入っているなど、明らかに今までとは違うスケジュールになっている時は、もしかしたら浮気相手と会っているかもしれません。

仕事だけでなく、買い物や女友達と遊びに行く頻度が増えている場合も、浮気相手と会っている可能性が高いと考えられます。今までの生活スタイルとガラッと変わったなと感じた場合は、妻の行動をよくチェックしてみましょう。

②スマホを自宅でも手放さない

浮気相手とメールやLINE、通話をする手段であるスマホは、浮気の証拠の宝庫です。そのため、浮気をしている妻は、自宅でもスマホを手放さず、ずっと身近に置こうとする傾向があるようです。お風呂やトイレ、寝室など、スマホが必要ないような場所でも手放さない時は怪しいと言えるでしょう。

他にも、今まではスマホにロックをかけていなかったのにかけ始めたり、たまたま触っただけなのに、スマホを返すように焦ったり、触らないように怒ったりする場合も浮気している可能性が高いです。特にLINEのアプリや、スマホの中の写真を見せないようにしている妻は、浮気をしている可能性が濃厚なようです。

③スキンシップを極端に嫌がりだす

女性は本命の男性以外とのスキンシップを嫌う傾向があるため、あなたが妻とスキンシップをとろうとした時に、今までにはなかったように極端に嫌がり始めた時も、浮気をしている兆候の1つのようです。

手をつないだり抱き着いたりするのを嫌がるのはもちろん、いきなりセックスレスになったなど、妻がスキンシップやあなたとのボディタッチを拒む時は、浮気をしているからかもしれません。毎日さりげなくハグをしたり、手をつなぐなどのスキンシップを行っている夫婦の間では、この兆候が出てくると分かりやすいかと思います。

④今までにないファッションやメイク

今まではそんなに服やメイクに力を入れてなかったのに、最近はメイクが濃くなったり女性らしいファッションをして出かけているという時も、浮気の可能性が濃厚です。特に、仕事や友人と出かけるという時に、ファッションに気合いを入れているなら要注意。浮気相手と会っているのかもしれません。

外見を変える心理としては、浮気相手から可愛いまたはキレイと思われたいという気持ちから、今までよりもファッションやメイクに気を使い始めるようです。特に下着の好みが変わったりしている時は、浮気相手の好みに合わせて購入し直している場合があります。さりげなく妻のクローゼットや洗濯物などを確認してみましょう。

⑤家事の手を抜く頻度が増える

家の中が以前のようにキレイに掃除されていない、食事も出来合いの惣菜が多くなったなど、浮気をしている時は家事の手を抜く頻度が増える傾向があるようです。家事を分担して2人でやっていたのに、妻がやっていないことが増えたという時も、もしかしたら浮気しているかも。

浮気相手との時間に夢中になってしまい、旦那のために家事をするのが面倒臭いという理由から、家事に力が入らなくなるという妻が多いようです。今までとは家の中の雰囲気が変わったと感じた時は、浮気の兆候なのかもしれません。

⑥妻の自分への態度が変わった

妻の自分への態度が変わったと感じた時も、浮気をしている可能性が高いようです。例えば、今までは仕事で遅くなった時には妻から愚痴を言われていたのに、何も言われなくなった。会話の数が極端に減った。など、あなたへの関心が薄れているような態度は、浮気の兆候の1つです。

なぜかというと、浮気をしている妻は浮気相手との関係に満たされているため、旦那への関心が薄れ、愚痴や怒りさえも薄くなってしまうからです。また、会話は減ったのに、仕事や休みの予定だけは細かく聞いてくるという時は、浮気をしている可能性が非常に高いと考えられます。

⑦家計の出費が増えている

収入は変わっていないのに、今までよりも家計の出費が増えているという時も、妻が浮気をしている可能性が高いです。浮気をしている場合、浮気相手とのデートにかかる食事代や交通費などで出費が増えるため、家計にも影響がでてくることが多いようです。生活費が足りないからもっとお金を入れてくれなどと言われた場合は、妻の行動に注意が必要かもしれません。

共働きでお金を別にしている夫婦だと、家計の出費をチェックするのは難しいですが、妻が専業主婦の場合などは分かりやすいチェックポイントと言えるでしょう。しかし、家計簿を見せてほしいなど、直接妻に聞くのは疑われてしまいますので、さりげなく銀行の残高や家計簿をチェックするなどがよいでしょう。

妻に浮気の兆候が現れた時の対処法

何の証拠もなく妻を疑って関係を悪化させない

まず、妻の浮気を疑い始めると、その不安から言動や行動が感情的になってしまうため、もし妻が浮気をしていなかった場合は、ただただ2人の関係を悪化させてしまうだけです。何も証拠がないのに妻を問い詰めてしまうのは1番のタブー。証拠をつかむ前に自分の不安な気持ちだけで責めてしまうのは止めましょう。

本当は浮気をしていない妻に対して浮気をしているのではと責めてしまうと、妻はあなたのことを逆に疑ってしまい、夫婦の間の信頼関係が崩れてしまうことも考えられます。妻に気づかれないようさりげなく調べてみるのが最善です。

また、浮気をしているかもと1人で悩んでいると、ストレスや不安が溜まってしまうため、あなたにとってよくありません。そのため、1人で悩まず、信頼できる友人や浮気専門のカウンセラーや探偵に相談し、複数の意見を参考にするようにしましょう。プロに相談することで、今後の対処や対策を知ることができるはずです。

興信所に浮気の証拠を掴んでもらう

こちらで紹介した浮気の兆候に当てはまっていても、浮気のはっきりとした証拠がなければ、自分の不安が募るばかりです。そのため、妻が浮気をしているという確信を持っているなら、その証拠をつかみましょう

自分で調べるだけだと、浮気調査に関しては素人のため、妻にばれてしまう、または疑われてしまう可能性が高いです。もし疑っていることが妻にバレてしまったら、浮気の証拠をつかむ前にその証拠を消されてしまうかもしれません、

そのため、浮気調査のプロである探偵事務所や興信所などに依頼するのがよいでしょう。あなたの最終目的に合わせた証拠をつかむサポートをしてくれるはずです。特に浮気を原因とした離婚を考えている場合は、不貞行為を証明する写真などの法的に有効な証拠をしっかりとそろえてくれるため、離婚手続きや慰謝料請求において有利に立てるはずです。

浮気が事実であれば夫婦関係をどうしていくのか整理する

浮気をしている写真などの証拠をつかみ、その事実を知った後は、夫婦関係をどうしていくのかを考えましょう。もう結婚生活を続けることができないと思うなら離婚という道を決めるのもよいですし、浮気をしていたという事実をふまえて関係を修復していくのかを、妻に話す前に自分で決めておくのが好ましいです。

浮気が判明したからといって、100%の夫婦が離婚を決意するわけではありません。浮気の事実をはっきりとさせて、そこから夫婦関係を再構築していくという夫婦も実は多いようです。

最終目的によって探偵事務所での浮気調査でつかむ証拠も変わってくるので、必ず先に覚悟を決めてから行動することが大事です。自分の気持ちを冷静に整理してから行動しないと、後々後悔してしまうかもしれません。事実を判明させた後にどうしたいのかをしっかりと考えておきましょう

妻の浮気の兆候を見逃さず行動を起こそう

妻が浮気しているかもしれないと感じている時は、まずは今回紹介した浮気の兆候を参考に、妻の行動をチェックしてみましょう。多くの兆候に当てはまるなら、浮気している可能性が高いかもしれません。そして、浮気の事実をはっきりとさせたいという場合は、探偵事務所や興信所に依頼するのも1つの手です。妻が疑わしい行動をしているのなら、浮気の証拠をつかむためにまずは一歩行動してみましょう。