浮気調査にかかる費用の相場|依頼前に料金の仕組みを把握しよう

浮気調査を依頼して証拠を押さえることで、離婚調停を有利に進めることができます。また、浮気をされたことについては精神的なダメージは大きいですが、これから新たな人生を歩むという点においては、気持ちに区切りをつけるきっかけとなることでしょう。

現在、探偵事務所を中心とした浮気調査を依頼できる調査会社が多く登場しており、浮気調査にかかる費用もさまざまです。この記事で、実際に浮気調査を依頼する前に浮気調査にかかる費用の相場を知り、後悔のない業者選びの参考にしましょう。

浮気調査の費用形態はどのようなものがあるか


浮気調査の費用形態は、実際の調査にかかった費用を支払う方法や着手金を支払った上で調査してもらい、結果が出た場合に費用を支払う方法などが挙げられます。以下では、浮気調査の費用形態を順に解説していきます。

実費計算方法(時間料金)

実費計算方法は、実際に調査にかかった時間と費用を請求する時間料金制で、交通費がかかった場合は加算されて請求されます。この費用形態は、アルバイトの時給制のようなシステムであるので、依頼者側としてはわかりやすい費用形態です。

しかし、実際に調査してみたら想像以上に時間も経費もかかってしまったというケースもあるので注意が必要です。なお、この費用形態ではどのくらい時間を要するかわからないため、調査の途中経過を報告してもらう、依頼時に伝えるようにしましょう。

成功報酬型

成功報酬型は依頼時に調査費用として着手金を支払い、調査が終了したら成功報酬として結果に伴う金額を支払う方法です。そのため、調査で結果が出ない場合は成功報酬を支払う必要がありません。

しかし、依頼側と調査会社側で結果に対する認識が違うと、後々トラブルに発展する可能性もあり、他の費用形態と比べると料金に関するトラブルが発生しやすいのが現状です。調査を依頼する範囲を依頼時に明確にしておきましょう。

一律料金型(パック料金)

一律料金型は事前に料金が決まっているので安心のシステム。さまざまな内容が詰まったパック料金制となっています。しかし、調査する範囲が一律料金でどこまでカバーされているのか不明であるため、オプション料金の有無を事前に確認しておきましょう。

また、一時間あたりの費用が割高になる実費計算方法や成功報酬型に比べると、割引率が高くなる傾向にありますが、調査会社によっては見積もりで提示した料金以外の追加料金が発生しない場合もあります。

この一律料金型は、他の費用形態に比べて一時間あたりの費用が割高になちがちですが、独自のネットワークを持つ調査会社では、そのネットワークを活かすことで無駄な経費を削減できるため、依頼者側としてはお得になる場合もあります。

このような独自のネットワークを持つ調査会社は大手が多いですが、公式ホームページでこれまでの実績などを確認すると良いでしょう。

たとえば1週間で調査が終わった場合の相場はいくら


浮気調査を初めて依頼する場合、実際にどのくらいの期間を要するのかイメージしにくいかもしれません。ここでは、調査に1週間という期間を要した場合にかかる費用の相場を順に解説していきます。

実費計算方法(時間料金)は700,000円~

実費計算方法では、1週間で調査が終わった場合の費用は約700,000円かかると言われています。その内訳ですが、1時間平均6,000円として1日7時間調査したとして1日に42,000円かかります。

1週間調査すると42,000円×7日間で294,000円となり、調査員が2名の場合は2倍の588,000円かかることになります。さらに、交通費などの諸経費を加えると約700,000円となり、夜間や宿泊を伴う調査はさらに費用がかかることになります。

ただし、1時間の料金がもう少し低い金額で設定している場合もあり、調査員が3~4名と多い場合もあるので事前に確認することが重要です。

成功報酬型は400,000円~

成功報酬型では、1週間で調査が終わった場合の費用は約400,000円かかると言われています。その内訳ですが、まず着手金として100,000円支払うとします。その後一定期間のうちに調査で証拠を見つけると、一つの証拠に対して300,000円の成功報酬を支払うことになります。ただし、着手金や成功報酬の金額や調査にかける期間は調査会社によって異なります。

また、証拠を複数見つけた場合は更に金額が上がり、証拠が多いほど金額が上がることになります。さらに、成功報酬を支払うことになる証拠については事前に明確な基準を決めておかないと、後々トラブルに発展する可能性があるので注意が必要です。

一律料金型(パック料金)は100,000円から700,000円以上

一律料金型では、1週間で調査が終わった場合の費用は約100,000~700,000円以上。他の費用形態に比べると金額の幅が広いことが特徴です。このように料金に幅が広い理由は、対象となるパックに含まれている時間が調査会社によって異なることが挙げられます。

また、GPSでの調査がパック料金に含まれていても調査会社の人員不足によって車にGPSを設置しているだけで、実際に調査員が動いていない場合もあります。このような場合は、調査員を追加するにあたって追加料金も発生することから、結果的に700,000円以上になるケースも考えられます。

調査料金の違いはここ

それぞれの費用形態における相場では、実費計算方法が最も料金が高くなりやすいことがわかりました。それでは、調査料金はどのようなことで違いが出るのでしょうか。

どこまで調査してもらいたいか

調査料金の違いの一つとして、調査内容の範囲による違いが挙げられます。たとえば、慰謝料請求をする場合、浮気現場を押さえて写真や動画で証拠に残すというところまで調査してもらう必要があります。

なお、浮気現場を押さえた写真や動画については、フィルム代や現像代、DVD作成代などの費用が別途必要な場合もあります。しかし、ここまでの証拠が必要になると、夜間料金や宿泊が伴う調査になる場合が多く、相場よりも更に料金が上がってしまうことになります。

特に連休中に浮気調査を依頼する場合は、宿泊にかかる費用が高額になりやすく、安価な宿泊施設が見つからない場合は、宿泊にかかる費用が更に上がることになります。

どこまで自分で証拠を押さえているか

調査料金の違いの一つとして、調査内容の範囲以外にも、自分で押さえることができる証拠の状況による違いが挙げられます。

たとえば、浮気しているかどうかもわからない状態で浮気相手の情報も何もない場合、1から調査を行う必要があります。そのため、調査に時間がかかる分、料金もかかってしまうことになります。この部分に関する費用を抑えるためには、以下のような点について細かくメモを取るなどしておくと良いでしょう。

  • 浮気の証拠メール
  • 行動パターン
  • 浮気相手に関する情報
  • 浮気に使われたと思われるレシートの保管

この他にも、夫の怪しい行動について日記につけるという方法もあり、浮気の証拠となる別の材料を照らし合わせることで、より信憑性が高くなります。

複数の調査会社に見積もりを依頼する

調査料金の違いの一つとして、調査内容の範囲や自分で押さえることができる証拠の状況以外にも、調査会社の料金設定による違いが挙げられます。そのため、浮気調査を依頼する場合は、複数の調査会社に見積もりを依頼して、提示された金額を比較するようにしましょう。

また、調査会社によって料金に違いがあるだけでなく、スタッフの対応方法や提示された見積もり額に対する明確な説明などについても調査会社を選ぶ際には重要視すると良いでしょう。

近年では、日本の離婚率も高い傾向にあり、離婚調停や離婚裁判に発展するケースもあります。それに伴い、浮気に関する調査会社も増えており、インターネット上では浮気調査の一括見積もりサイトが登場しています。

このような一括見積もりサイトを活用すれば料金を比較しやすく、実際に調査会社に出向いて見積もりを依頼しなくて良いため、調査会社を探す時間を削減できます。

支払方法は?


浮気調査に関する費用形態は主に3種類から成っており、調査内容の範囲などで料金が異なります。それでは、浮気調査に関する料金はどのように支払うのでしょうか。

ほとんどの場合が前払い制度

浮気調査に関する料金の支払いは、ほとんどの場合は前払い制度となっています。その理由は、成功報酬型のように着手金という形で前払い制度を取り入れている調査会社が多いことが挙げられます。

また、調査会社によっては、依頼人に支払い能力があるかどうかを確認することを目的として、料金の全額ではなく一部という形でも前払い制度を取り入れている場合がほとんどです。

クレジットカードでの支払い

浮気調査に関する料金の支払いは、調査会社によってさまざまです。依頼者側としては、調査料金が高額であることを考慮すると、分割やポイント付与などができるクレジットカードを使用したいところです。

しかし、クレジットカードが使えるところと使えないところがあるので事前の確認が必要です。なお、クレジットカードが使える場合でも、対応しているクレジット会社が限定されていることも多いため、こちらも事前の確認が必要です。

また、クレジットカードで支払いする場合は、買い物履歴がすぐにネットで確認できる場合もあるため、浮気調査していることを調査対象の夫に知られては警戒されてしまいます。そのため、クレジットカードでの支払いは、慎重に検討するようにしましょう。

ローンで支払う

浮気調査に関する料金の支払い方法の一つとして、大手探偵事務所などでは自社ローンを取り入れている場合があります。その理由としては、浮気調査に関する費用が高額になりやすいことに加え、自社ローンを組んでもらうと金利分が調査会社の利益に繋がることが挙げられます。

そのため、ローンを組んで支払う場合は、当然利息が発生することに加え、費用に対する返済プランについて事前に把握しておくことが重要です。

現金もしくは振り込み

浮気調査に関する料金の支払い方法の一つとして、現金や振り込みを選択することもできます。しかし、調査対象の夫に知られることなく現金を準備する必要があります。

また、浮気調査に関する費用は高額になりやすいため、持ち歩くのが不安であれば振り込みを選択することをお勧めします。振り込みで料金を支払う場合は、振り込み手数料は依頼者が負担するのが一般的です。

ただし、料金を先払いで振り込み後、調査会社と一切連絡が取れなくなったというケースもあるので、調査会社選びは慎重に行うようにしましょう。

浮気調査の費用は高額になることも

浮気調査に関する費用の相場は、調査会社によってさまざまですが、全ての証拠を押さえるのであれば、100万円程度は見込んでおく必要があります。また、調査会社によって費用形態や支払い方法も異なるため、どの調査会社に依頼すれば良いのか迷いがちです。

そのため、複数の調査会社に見積もりを依頼し、できるだけお得で優良な調査会社を選ぶことが重要です。ただし、調査対象となる夫に知られることのないように十分に注意するようにしましょう。