GPSでの浮気調査は違法?GPSの使用方法と注意すべきポイント

もしかして浮気されているかもと思ったら

夫に浮気されているかもしれないと思ったら、まず必要なのは浮気現場の証拠です。離婚したい場合もしたくない場合も、確固たる証拠があれば、主導権を握ることができます。

GPSでの追跡調査はGPS機器の購入費用だけですぐに調査開始できるので、手っ取り早く証拠を押さえられる方法です。GPSの使用方法や、違法行為にあたるリスクを知って、安全に浮気の証拠を手に入れましょう。

浮気調査にGPSは使えるのか

夫の浮気を疑う配偶者がGPSを使って浮気調査をする場合、違法行為と見なされることはほぼありません。違法行為にはあたりませんが、GPSによる位置情報だけでは、法的な浮気現場の証拠としては効力がありません。

法的な証拠が欲しい場合には、浮気現場の写真や動画を撮影する必要があります。GPSでの調査は、証拠を押さえる準備段階で、浮気を行う時の夫の行動パターンを把握するためのものです。

機器があれば個人でもGPSの使用は可能

GPS機器には市販のものとレンタルのものがあります。プロの探偵などに依頼しなくても、機器が手に入れば個人でのGPS調査は可能です。

GPSを浮気相手の所有物や車に機器を取り付ける行為は「プライバシーの侵害」にあたる可能性があります。また、GPSを取り付けるために、他人の敷地内に入るのも「居住侵入罪」に問われます。違法な手段で手に入れた証拠は、裁判などで正当な証拠として認められにくいので、十分注意が必要です。

位置情報から対象の行動パターンを知る事が出来る

GPSで取得する位置情報から、相手の行動パターンを把握することが重要です。位置情報だけでは浮気を立証するのは難しく、裁判で使える証拠を取るには、一緒にいた相手や、ラブホテルに入る現場などを押さえた証拠の写真や動画が必要です。

プロの探偵事務所も浮気相手や浮気する曜日や時間が不明確な場合は、いきなりターゲットを尾行するのではなく、最初はGPS調査で浮気のパターンを押さえるところから調査がスタートすることもあります。

GPSを使って浮気調査をする方法

実際にGPSで浮気調査をする場合の手順と、使用する機器の価格や使用方法、取り付け位置の注意点を説明します。GPS調査の基本は、本人にバレないこと。精度の良い機器を使っても、調査対象に見つかってしまっては意味がないので、取り付け位置にも細心の注意を払いましょう。

GPSで位置情報取得に成功した後、どのように浮気調査を進めればよいのかも知っておく必要があります。調査手順を把握してスムーズに証拠を手に入れましょう。

GPSには主に2種類のタイプがある

GPSには現在位置がわかる「リアルタイム型」位置データを蓄積し、後ほどPCなどに回収する「ロガー型」の主に2種類のタイプがあります。リアルタイム型は、知りたい時にどこにいるのかを即時に知ることができますが、ロガー型は機器を回収しPCに記録(ログ)を抜き出す必要があります。

機器により、価格、性能、コストに違いがあります。それぞれの違いを知り、予算や調査期間によってどちらのGPS機器を使用するのか検討しましょう。

現在位置がわかるリアルタイム型

「リアルタイム型」は取り付けたGPSの現在の位置情報が、リアルタイムで手元のPCやスマホで確認できます。ターゲットを現行で追跡でき、浮気の現場に向かうことができるので、探偵事務所などでもよく使用されています。

証拠を押さえる確率は高いのですが、価格は比較的高額なものが多く、初期費用がかかってしまいます。GPS機能が備わっているキッズ携帯やスマホを追跡用に購入し、使用するケースも多くあります。

安価に入手できるロガー型

ロガー型は、GPSの機器本体に位置データを蓄積し、後ほど回収してPCに記録(ログ)を書き出します。リアルタイムでの位置情報は取得できません。立ち寄った場所と時間のデータしか取得できないので、長期的に使用して行動パターンを把握するのに適しています。GPS機器が対象者に見つかっても、誰が仕掛けたのか特定することはできないのもメリットです。

小型で見つかりにくく、安価で手に入りますが、その都度回収してデータの吸上げを行わなければいけないので手間がかかります。

見つからないようにGPSを取り付ける

GPS機器を取り付けるには、カバンなどの持ち物が手っ取り早いですが、普段から頻繁に使用するものなので気付かれやすく危険です。また、家族である夫のカバンに取り付けるのであれば違法とされませんが、浮気相手など他人への持ち物へ取り付けると違法となるので注意しましょう。

調査対象の移動手段は車が多いという人は、車体底部への取り付けが見つかりにくく、回収もしやすいのですが、落下したりマフラー付近など高温になる場所へ取り付けると、機器が破損してしまいます。車やバイクなどへの取り付け場所は慎重に決めて下さい。

浮気の行動パターンが読めたら証拠を取る

GPSで追跡調査を続けていくと、浮気の行動パターンを掴むことができます。探偵事務所では、まず1~2週間の履歴を取ることが多いようです。浮気する曜日や時間帯、利用するレストランやラブホテル、浮気相手の家などが特定できたら、動画や写真を撮影して証拠を押さえます

自分で現場に出向いて撮影をするのはバレる危険性が非常に高いので、証拠写真の撮影はプロの探偵を雇うという手段もあります。浮気相手をそのまま尾行して素性を調べることもできますが、素人のテクニックでは難しいので、やはり浮気調査専門のプロに依頼したほうが良いでしょう。

GPSを使う時の注意点

GPSを使用する時にバレてしまいやすいパターンはどんなものなのか、どんなGPSを購入すれば良いのか説明します。自分でGPSを使い、浮気調査を開始するなら、夫にバレる前になるべく短い期間で確実に行わなければいけません。他に法に触れてしまう場合や、裁判で使えない証拠にならないための注意点なども詳しく解説します。

対象に発見されないことが大前提

GPSを利用するなら相手に気付かれないことが大前提です。証拠を押さえる前に相手にバレてしまうと、ごまかして逃げられたり、ケンカになり関係が悪化したり、最悪の場合は逆に訴えられてしまうケースもあります。

GPS機器の購入履歴でバレたり、車やバイクに取り付けたGPSが車検やオイル交換時などに発覚したりするケースが多いようです。スマホやキッズ携帯を取り付けた場合は、呼び出し音が鳴ってしまったりして、バレることもあるようです。いろいろな可能性を考えて、絶対に発見されない場所に取り付けましょう。

GPSの精度には個体差がある

GPS機器の価格帯はさまざまです。あまり安価なものを購入してしまうと、精度が低かったり電波が届かなかったりして、正確な情報を収集できない場合があります。

安価なGPS機器はバッテリーの持ちが悪かったり、検索するのに時間がかかったり何かと手間がかかります。キッズ携帯をGPS代わりにする場合も、PHSの電波による位置情報なので、精度はそれほど良くありません。GPSを購入する前に、バッテリーの持ちや精度を確認しておいたほうが良いでしょう。

相手のスマホのGPSを使用するのは避ける

夫のスマホにGPS追跡アプリをインストールするのは違法です。家族間であっても無断でアプリをインストールすることは「不正指令電磁的記録供用罪」という罪に問われるので注意しましょう。夫のスマホのパスワードを盗み見して、無断でLINEやスケジュールをチェックするのも、同じく違法行為となりますので安易にスマホに手を出すのは危険です。

GPSの内容だけでは浮気の証拠にならない

GPSの位置情報がたとえラブホテルを示していても、写真や動画などの証拠がない限り、裁判などで使える証拠として成立しません。GPSで収集したデータを元に、ラブホテルや浮気相手の家に入っていく決定的な現場を押さえましょう。

GPSでラブホテルにいることが分かれば、相手を問い詰めたくなりますが、証拠が不十分な状態だと、逆ギレされたり警戒されたりして、その後の証拠収集に支障が出ます。浮気を本当にしていなかった場合は、訴えられる最悪なケースもあります。動かぬ証拠を押さえるまではぐっとこらえて、物的証拠を手に入れましょう。

相手の行動パターンを知ることが浮気かどうかの手がかりとなる

夫の浮気が疑わしい場合、ついつい本人に確認したくなってしまいますが、確実な証拠を掴むまでは問い詰めてはいけません。まずは相手の行動パターンを知って、本当に浮気をしているのかどうか確かめましょう。夫婦関係を壊さないためにも、GPS機器を利用して、コストも時間もかけず安全に浮気調査を行いましょう。