探偵による素行調査の内容とかかる費用!浮気の疑いを明らかにする

パートナーの浮気を素行調査で明らかにする

パートナーの深夜帰宅が多くなったり、出張の回数が増えたりするなどで、浮気を疑い始めているなら素行調査を依頼するのがおすすめです。素行調査では、パートナーの怪しい行動を調べたり、離れて暮らす子供の状況を調べたりすることができます。

素行調査を行うことで、パートナーの浮気の疑いを晴らすことができる可能性もありますが、もちろん浮気が確定する場合もあります。真実を知る覚悟を持って素行調査を依頼する必要があります。

探偵が行う素行調査の概略

探偵が行う素行調査とはどのようなものなのでしょうか。目的や方法、報告される事柄について見てみましょう。

素行調査の目的

素行調査の目的は、文字通り対象者の素行を調査すること。そのため、対象者の日々の行動を確認してどのように行動しいているかを明らかにします。パートナーに浮気の気配を感じて浮気調査を依頼する場合や、離れて住む家族の現状調査、子供の非行やいじめなどがないかの調査など、素行調査と一括りでいっても種類はさまざま。素行調査の目的は依頼主の依頼内容によって異なってきます。

素行調査の方法

素行調査の方法は、聞き込み・張り込み・尾行・徒歩尾行・車やバイク、自転車などによる車両尾行が中心になります。特に、尾行と張り込みがメインとなり、聞き込みを行うことはめったにありません。聞き込みを行ってしまうと、聞き込みされた人の口から「あなたのことを教えて欲しいと言ってきた人がいる」と伝わり探偵の存在がバレやすくなります。

そのため、基本的には離れた場所からどのような場所に行って誰と会っているかを確認し、素行調査の依頼内容によっては映像や写真の撮影を行います。

素行調査の時間

素行調査の時間については、一般の企業のような9時から18時までというような決まりはなく基本的に24時間対応してくれます。早朝や深夜、日中問わず長時間でも素行調査を依頼することができます。また、土日祝日も関係なく素行調査を行ってくれるため「一週間丸々素行調査してほしい」という依頼もOK。

対象者の行動が気になる時間が決まっている場合には、その時間帯を探偵に伝えておきましょう。素行調査は基本的に24時間対応の年中無休ですが、時間が早朝や深夜の場合は料金が高く設定されていることがあります。

素行調査の報告

素行調査の報告については、対象者の行動を撮影した鮮明な調査映像・画像が添付されて渡されます。鮮明な調査映像はDVDの状態で渡されることが一般的で、画像については写真で添付。調査内容は細かく書かれています。

例えばある男性の一日の素行調査を依頼した場合、「11時 対象者が勤務先から営業車に乗り外出」「11時23分 対象者が営業車をコインパーキングに駐車」「11時32分 対象者がパチンコ店に入店」など、事細かに書かれている上に証拠となる写真や映像が添付されています。また、実際の報告書では勤務先やコインパーキング、パチンコ店など立ち寄った場所の名称と住所も記載されたています。

素行調査で浮気を特定

素行調査の依頼の中でもっとも多いのが浮気調査。パートナーの行動が怪しいけれど、決定的な証拠がないときに利用されることが多くなります。素行調査で浮気を特定する目的や期間などについて見てみましょう。

浮気調査の目的

素行調査で「浮気をしているか特定してほしい」という依頼の多くは、浮気をしている事実を知った後のことまで考えている人は少数派。そのため、とりあえず浮気の事実確認で終わってしまいます。しかし、浮気調査の目的は「浮気しているか」「浮気していないか」になるため、浮気していた場合は写真や映像など慰謝料を請求する際に使える決定的な証拠を手に入れることができます

ただし、本当に対象者が浮気をしている場合は日頃から慎重に動いていることが多く、探偵の存在が気づかれやすいというデメリットも。できるだけ、パートナーが怪しい行動をしている時間帯や場所などを伝えて調査する時間帯を限ることで、探偵の存在を気づかせにくくすることができます。

浮気調査の期間

浮気調査の期間については、長期間になるケースがほとんど。毎日のように浮気相手と会っているなら決定的な証拠も掴みやすくなりますが、1週間に1回や1カ月に1回など会う頻度によっては証拠をつかむのにも時間がかかります。

そのため、対象者がいつ浮気相手と接触しても決定的な証拠を掴めるようにしておく必要があります。決定的な証拠を掴むまでを浮気調査の依頼内容にしている場合には、1週間で浮気調査が終了することもあれば1カ月から数カ月かかることもあります。

浮気の証拠集め

決定的な瞬間を写真や映像で撮影することで浮気の証拠を集めることができます。浮気相手とホテルからでてくるところや浮気相手の家に入ってから何時間以上でてこなかったなど「浮気している」と断定できる決定的な証拠を集めてくれます。

浮気の決定的な証拠は、仮に依頼人が浮気を理由に離婚裁判を起こした場合の重要な資料として提出することができます

素行調査にかかる費用の相場

調査する時間が長ければ長いほど高くなるといわれている費用。また、早朝や深夜の時間帯も通常の費用とは異なる設定になっていることがあります。素行調査にかかる費用の相場について見てみましょう。

探偵一人につき1時間10,000円程度が相場

素行調査の費用の相場は探偵社により異なりますが、探偵一人につき1時間あたり10,000円程度に設定されています。素行調査に限らず、探偵が行動するときは一人ではなく二人ペアであることが一般的。そのため、1時間あたり20,000円程度の費用を見越して準備しておくと安心です。

また、探偵社によりパック料金制や一律定額制を設けているところもあります。浮気調査は1時間で証拠を集められることは、まずありません。浮気調査を時間制で頼んでしまうと1日あたりの料金は8時間利用しただけでも16万円かかってしまいます。

しかし、1日パック料金制を利用することで10万円や12万円といった時間制よりも安い金額で素行調査を依頼することが可能です。一律定額制も同様に、1カ月の素行調査費用を時間制で依頼してしまうと高額の費用がかかってしまいますが、50万円から70万円程度に費用を抑えることができます。

経費は別途必要となることが多い

素行調査にかかる費用は、基本的に人件費がメインになります。そのため、交通費や宿泊費などは別途請求になることが大半。探偵社により、時間制やパック制、一律料金制の中に経費が含まれていることもありますが別途経費などが請求されると考えて費用を準備しておくのが得策です。

対象者が遠方にいる場合には長距離移動が必要となるため、経費の負担は大きくなります。また、早朝や深夜などは料金が割高に設定されているのが一般的。探偵社により異なる特別料金については事前に確認しましょう。

調査費用を安く抑えるための方法

探偵に素行調査を朝から晩までお願いしてしまうと、調査費用は大きくかさみます。調査費用を少しでも安く抑えたいなら、自分で調べられることは事前に調べておき調査の範囲や時間を絞り込んでおきましょう

調査費用は、時間が長くなればなるほど高額になります。対象者が怪しい動きをしている時間帯や場所を特定しておくことで、その範囲を具体的に調査してもらうことができます。

予算を先に提示して調査費用や範囲を確認

すべての探偵社が明瞭な会計を行っているとは限りません。成功報酬を支払うときになって、高額な費用に驚いてしまうことがあります。そのような事態を避けるためにも、不明瞭な価格設定をしている探偵社に素行調査を依頼する際は先に予算を伝えておきましょう。

予算を先に提示しておくことで、予想を大きく超えた調査費用の請求を避けることができます。また、提示した予算でどこまでの範囲の素行調査ができるのかも確認しましょう。

思い切って探偵に依頼をすることで浮気を特定

浮気をしている人は注意深くなっているため、なかなか証拠となるものを見つけることが難しくなります。「もしかして浮気されているかも」と一人で悶々とした日々を過ごすのは精神的苦痛が大きく、不眠などの原因にもなります。パートナーへの浮気を疑っているときは、思い切って探偵に依頼して白黒はっきりさせましょう。